トップページ

65歳以上の高齢者人口が全人口に占める割合を高齢化率と呼び、その高齢化率が21%を超えると「超高齢化社会」になります。残念ながら、日本はすでに超高齢化社会に突入しており、2030年には高齢化率は30%を超過する予測が立てられています。

このように超高齢化社会が進行することで、病院や施設から在宅や地域医療へと、医療のあり方も変化して来るといわれています。入院は出来るだけ短期間に留められ、自宅で療養をしながら通院や訪問医療サービスを受けるようになって来ることになります。

また、その一方では、医学の高度化が目まぐるしく進み、医師や看護師の専門性が更に進むことで、連携の強化によるチーム医療が一般的になるといわれています。このように変遷する医療業界の中で、看護師の役割も益々と重要度を高めることになり、専門的知識を身につけた専門看護師や認定看護師の増加が見込まれています。

看護師の仕事は赤ちゃんからお年寄りに至るまで、あらゆる年代の人が対象であり、一生の4大イベント(出産・病気・老化・死)に関わる仕事になります。従って、遣り甲斐のある仕事として人気の高い職種でもありますが、労働条件は決して楽なものではなく、人の命に向き合う重責を抱えて、常に緊張が続くプレッシャーの高い職種でもあります。

こうした特有の職種から離職や転職を繰り返す看護師も多く、またストレスからうつ病を発症する看護師も少なくありません。こうした看護師を取り巻く厳しい環境が災いをして、看護師の人材不足が指摘されてからも久しくなります。特に、看護師の人材不足は地方都市の病院になるほど問題化しており、看護師の確保問題が病院経営の存続を揺るがすまで影響を及ぼし始めています。

そこで、売り手市場続く看護師の求人市場では、看護師の求人を専門に扱うWEBサイトも多数登場しており、スマートフォンからでも何万件にも及ぶ求人情報を簡単に閲覧できるようになっています。よって、看護師の働く場所が多用化することで、益々と、看護師の求人市場は活発化すると予想されています。

看護師を止めるのも一つの選択肢です

あしは1ヶ月位前まで、病院に勤務する、看護師の職業へと就いておりました。
あたしは幼い頃から、病人の方々のお世話をする看護の仕事に、とても憧れていました。
その為看護学校をきちんと卒業して、正しい知識や治療法などを、予めしっかりと習得してから、興味のあった病院の面接を受け、無事に採用してもらい、看護業務へと、実際に従事する経緯と至った訳なんです。

看護師とは様々な病状により、病室へと入院している、患者さん達をちゃんと体調管理したり、脈を計ったり、点滴を打ったりするのが主なお仕事内容となっていました。
上記の仕事内容などは、看護学校へと通っている期間などに、きちんと実技したりして、正しい処置方法などを、事前にしっかりと学んでおりました。

但し現実には、1人では全く動けないお年寄りや、病人の人々の排泄処理をやる事などが、かなり多い状況にありました。
看護師の職種とは一見華やかそうな、好印象のイメージなどがあります。

しかし明らかに人員不足である、常にギリギリの状態によって、何とか経営されている為、残業がめちゃくちゃ多かったりする、最悪の職場環境でもありました。
おまけに祝日や日曜日などへと、確実に休みが取れないのが、ほぼ当たり前となっていました。
なのでプライベートのゆとりある時間や、交際している彼氏と中々思うよう会えない、ストレスばかりが溜まるく一方でありました。

看護師の基本的な勤務時間では、日勤や夜勤を交互に繰り返し行い、医師や師長さんなどの指示通りに、上手く業務をやって行かねばなりませんでした。

病院へと急患が搬送されて来た際には、例え勤務が終了する状態にあったとしてでも、患者さん第1に考えて、お仕事しなければならない、厳しい職業でもありました。
ですので悪循環へと、どんどんと陥って行く一方でありました。
このままでは、あたしの体調がおかしくなりそうであだった為、大好きな職種であったのですが止むを得ず断念して、看護師として働いて行く事を辞める決断をしました。つまり看護師として転職するのではなく、看護師ではない職業への転職をすることを決めました。

看護師として、働いてやっていた最中では、毎日の不安な気持ちへと包まれていた事から、その事が精神面や肉体面へと、直接負担となってしまい、不安定な生活サイクルなどを、送る羽目になってしまいました。
勤めていた病院を退職した以降においてでは、徐々に深刻なストレスから解放されて行きました。
現在では生き生きとした日常生活などを、問題なく順調に送れているほどなんです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ