横浜 看護師求人 特選サーチ













拡張期血圧90以上の高血圧が継続すると、全身の血管に強いダメージがかかった結果、全身至る所のありとあらゆる血管にトラブルがもたらされて、合併症を起こす度合いが拡大します。

塩分と脂肪分の摂取過多は避けて無理のない運動を心がけるだけでなく、ストレスの少ないような毎日を心がけることが狭心症の元凶となる動脈硬化を予め予防するポイントなのです。

花粉症の病状(鼻みず、鼻づまり、くしゃみ等)のせいで夜よく眠れない場合、それが要因で慢性的な睡眠不足に陥り、次の日起きてからの業務に思わしくない影響を及ぼすこともあります。

肥満(obesity)は前提として摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足が要因ですが、ボリュームの変わらない食事であれ、急いで食べ終わる早食いを日常化することによって体重過多に陥っている肥満の状態を招く恐れがあります。

環状紅斑とは輪状、要はまるい形状をした赤い色の発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮膚病の総合的な名前で、素因は全くもって多種多彩なのです。

脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経を調節したり痛みの制御、色々な覚醒などを支配しており、鬱病の方は動きが鈍化していることが分かっている。

筋緊張性頭痛というのは肩凝り、首のこり、張りが因子の最も多いタイプの慢性頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような頭痛」「重くてたまらない耐え難い痛さ」と表現されています。

老化による耳の聞こえにくさは少しずつ聴力が低下していくものの、大体において還暦くらいまでは耳の衰えをしっかり把握できません。

肝臓をきれいに維持するためには、肝臓の毒素を分解する作用が衰退しないようにする、別言すると、肝臓を老化させない対処法を迅速に開始することが効果的だと言われています。

昨今、比較的若い世代で感染症のひとつである結核に対抗する免疫(抵抗力)を保有していない人々が増えたことや、受診が遅れることが原因の集団・院内感染の発生頻度が高くなっています。

基礎代謝量(kcal)というのは就寝中ではない状態で命を保っていく(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張の維持など)のに外せないミニマムなエネルギー消費量のことなのです。

「肝機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-GTP等3種類の値によって分かりますが、ここ数年間で肝機能が落ちている人々が明らかに増えているということが分かっています。

開放骨折してかなり出血した際に、急に低血圧になって眩暈やふらつき、冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、座っていても起こる意識消失発作などの不快な脳貧血が引き起こされる場合もあります。

クシャミや鼻水、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロする異物感などの花粉症の主な症状は、アレルギーの原因である花粉の飛び散る量に追従して悪くなる傾向があるということです。

アミノ酸の一つであるグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を悪化させたり変異を誘発する人体に対する有害物質を身体の内側で解毒し、肝臓の機能性をより強める働きが判明しているのです。